HISTORY of MARK Ⅱ & MARK X

初代マークⅡの誕生。デザインはセミクラシック調デザインへ。

  • 初代 TOYOPET CORONA MARK Ⅱ クラウンに次ぐ上級モデルとして登場。1968年12月には月間登録2万台のベストセラーカーに。
  • 2代目 TOYOPET CORONA MARK Ⅱ よりスポーティなスタイルに変貌を遂げ、4ドアセダンはセミファストバックに、ハードトップはファストバックへ。
  • 3代目 TOYOPET CORONA MARK Ⅱ 丸型2灯式ヘッドライトと独立したフロントグリルというセミクラシック調のデザインを採用。1977年には姉妹車チェイサーも登場。

高級セダンの幕開けを告げる4代目の登場。時代はバブル全盛期へ。

  • 4代目 TOYOPET CORONA MARK Ⅱ 直線基調で端正なスタイルへと進化し、角型のヘッドライトを採用。姉妹車クレスタも、このモデルから加わった。
  • 5代目 TOYOTA MARK Ⅱ このモデルより車名から「コロナ」が外れて「マークⅡ」に。特徴的なブラックガーニッシュのクォーターピラーをもつハードトップが人気に。
  • 6代目 TOYOTA MARK Ⅱ ガソリンエンジンをすべてDOHC24バルブとするなど、パワーユニットや足回りが強化され、走行性能を向上させた。

走りを追求した7代目の登場。そして「マークⅡ」としての最終モデルへ。

  • 7代目 TOYOTA MARK Ⅱ 全車3ナンバー、4ドアハードトップへとモデルチェンジ。スポーティな“ツアラー”系と、ラグジュアリーな“グランデ”系の2ラインに。
  • 8代目 TOYOTA MARK Ⅱ ABS、デュアルエアバッグ、サイドエアバッグを全車に装着し、優れた安全性を実現。
  • 9代目 TOYOTA MARK Ⅱ 居住性のよい高級なドライバーズセダンを目指し、先代までのハードトップから4ドアセダンに。マークⅡとしての最終モデル。

マークⅡのDNAを継承したマークXの誕生。2019年51年の歴史のフィナーレ。

  • 初代 TOYOTA MARK X 「マークⅡ」の後継として登場した「マークX」。FRセダンとしての本質を原点から追求。新プラットフォームを採用し、すべてを一新。
  • 2代目 TOYOTA MARK X 初代からの開発思想であるスポーティさと上質さをさらに熟成。前輪のホイールアーチを強調するキャラクターラインにより、アグレッシブさを高めた。
  • TOYOTA MARK X FINAL EDITION 51年のご愛顧に感謝を込めて、「250S“Final Edition”」と「250S Four“Final Edition”」を発売。

FINAL EDITIONともに走り抜けた記憶は、きっと心に刻まれる。

TOYOTA MARK X FINAL EDITION スポーティな、そして上質な装備を身にまとったエクステリア。包み込むような、こだわり抜いたインテリア。
細部まで磨き上げたそのスタイルが、特別な時間をもたらす。